はじめにお読みください。浮気の証拠を徹底的につかむために

はじめにお読みください

浮気の証拠をつかむためには、まずは浮気かどうかを見破ることから始まります。 軽い浮気の疑いだけでターゲットに問いつめてしまっては、はぐらかされて結局浮気かどうかがわからないまま逃げられるでしょう。 こういった場合、ターゲットは嘘をついたりごまかしたりして、浮気がバレないようにすることが多く、正直に浮気を認めるのはまれです。 そして、ターゲットは浮気をより巧妙に隠すようになって、浮気かどうか見破ることが難しくなるのです。

また、ターゲットにバレないように調査会社に証拠を取るよう頼んだ場合はどうでしょう。 浮気についてほとんど情報が得られていない場合、調査時間や日数が大幅に増える傾向にあり、調査料金が大幅にかかる可能性があります。 さらには、実際に浮気をしていなかったということもあり得るので、「何もなかった」という結果に調査料金を支払うことにもなりかねません。

これらのようなことで悔しい思いをする前に、まずは浮気の疑いを確信に近づけることにできる「見破り方」から。
紹介する項目はいくつもありますが、全てをやっていただかなくても大丈夫です。 皆さん自身で「できそうだな」と思うものをやっていただくだけでも、ある程度の確信が得られるかと思われます。

あくまで無理はなさらずに、皆さんのできる範囲でやってみて下さい。

3つの諸注意

1.「証拠を見つけても、すぐに問いつめない」こと
浮気をしているという証拠を発見したとしても、そのときの感情に流されずに、ぐっとこらえて下さい。 もし問いつめてしまったら、相手が警戒を高めて、問いつめた以降に証拠が見つかりにくくなる場合があるのです。 最も重要なのが、目的を達成するまで浮気の証拠を数多く集めること。 プロに頼むなり、動かぬ証拠を突きつけて相手にやめさせるなり、目的達成のため知らないフリをして、 できる限り証拠を集めやすい環境を留めておきましょう。

2.「無理はしない」こと
「浮気の見破り方」は、誰でも簡単にできるものから、専門知識が必要になりそうなテクニカルなものまで、様々なものを紹介しています。 たとえ浮気の証拠をつかむためとはいえ、皆さん自身にできそうにないことは、決して行なわないで下さい。 もし無理をした結果ターゲットにバレてしまっては、その後に浮気の証拠を集められなくなってしまう可能性が非常に高いからです。

3.「調べた後の痕跡は残さない」こと
ターゲットにバレないよう、見破り方を行なった後の痕跡は全て消しておきましょう。 くどいようですが、ターゲットにバレてしまったら、「見破り方」で集めた情報が全て台無しになってしまう可能性もあるのです。 皆さん自身で調べているのがバレてしまうくらいなら、最初から問いつめたり、プロに依頼したほうが良い結果を得られるでしょう。 なぜなら、調べていることが発覚してしまっては、ターゲットは正直に認めようとする気分にならない可能性が高いからです。
あくまでも痕跡を残さず、数多くの証拠を探して下さい。

【重要】ご利用時の注意!  
このマニュアルには、皆さん自身で浮気の兆候を見抜き、情報収集する方法が紹介されています。 ただし、全ての人が全ての方法を実行できるわけではなく、それぞれの状況によって変わるでしょう。 また、方法によっては、調べているところをターゲットに見つかってしまうと、 かえって警戒心を強くされてしまうなど不都合が出てくる場合があります。 あくまで「浮気をしているかどうか見極めたい」 「専門家に頼むという選択肢の事前の策として、皆さん自身でもやれる可能性のある方法を紹介したマニュアル」 であることを充分にご理解いただいた上で、いかなる場合でも自己責任で行なうようにして下さい。 これらの方法を皆さん自身で行なった結果として生じた損害につきましては、マニュアル発行元は責任を負いかねます。 これには、同様にソフトウェアの制作者様や販売会社様の賠償義務がないことも含みます。