「Temporary Internet Files」フォルダ内の履歴。浮気の証拠を徹底的につかむために

3. 「Temporary Internet Files」フォルダの履歴

「Temporary Internet Files」フォルダとは、「インターネット一時ファイル(キャッシュ)」と呼ばれるものの一つです。一度開いたホームページを、再度開いた際に素早く表示できるよう、ホームページのファイルの一部を、期間限定でパソコンへと保存しておく、その先が「Temporary Internet Files」フォルダなのです。その2で紹介したIEの履歴とは全く違ったものになりますので保存場所が別のところとなり、また、フォルダ自体が比較的分かりづらい場所にあるので、ターゲットにデータを消去・整理されている可能性は、IEの履歴やお気に入りよりも低くなるでしょう。
フォルダ自体が見つけにくい場所にある、ということで、方法がややこしいと思われるかもしれませんが、方法さえ知ってしまえば、実はIEの「履歴」や「お気に入り」を見るのと、そう大差はありません。フォルダの中にはホームページのアドレスが書かれたテキストファイルや画像ファイル、その他のログファイルなどが入っていますので、それらファイルから、ターゲットが表示したホームページや画像が探し出せるのです。一度、試してみて下さい。

「Temporary Internet Files」の場所

「Temporary Internet Files」フォルダは、OSや設定によって場所が違ってきます。IEメニューバーの「表示」→「インターネットオプション」と選んでインターネットオプションのダイアログを表示させます。その後、タブを「全般」に合わせて「インターネット一時ファイル」の項目の「設定」ボタンをクリックすると、今度は設定のダイアログが表示されます。その中の「インターネット一時ファイルのフォルダ」の項目の「現在の場所」が、「Temporary Internet Files」フォルダの場所になります。また、この項目内の「ファイルの表示」ボタンをクリックすれば、そのまま「Temporary Internet Files」フォルダを表示させることが可能です。
他には、ウィンドウズ「スタート」メニューから、「検索」→「ファイルやフォルダ」を利用して探し出すこともできます。検索画面の「ファイルまたはフォルダの名前」の部分に「"Temporary Internet Files"」と入力して検索ボタンを押せば、見つかるかと思います。このとき「"」(ダブルクォーテーションマーク)を忘れずにつけて下さい。つけ忘れた場合には、関係のないファイルやフォルダを検索してしまいます。
「Temporary Internet Files」の中には画像やホームページアドレス等、かなり多くのファイルが存在します。これを1つ1つ見ていると相当な時間がかかりますので、日付順に並び替えて、怪しい日や最近1週間程度に残っているファイルを見るのが効果的でしょう。日付順に並び替える方法としておすすめなのは、以下の方法です。まずは、開いている「Temporary Internet Files」のマイコンピュータウィンドウのメニューバーから、「表示」→「詳細」をクリックします。そうすると、ファイルの名称だけでなく、ファイルの更新日時やアクセス日時まで表示されます。その中に、「最終アクセス日時」という項目がありますので、「最終アクセス日時」と書かれている部分をクリックして、日付順に並べ替えて下さい。そうすると、目的の日付のファイルを探せたり、最近訪れたサイトの情報が発見できたりしやすいと思います。

注意事項(パソコンの共通注意点 こちらも必ず目を通して下さい)

※注意点 「Temporary Internet Files」の扱いについて
フォルダ内のファイルは、基本的には消去をしたり、移動したりしても問題はありませんが、 ターゲットのパソコンがコンピュータウイルスに感染している場合、「Temporary Internet Files」フォルダ内のファイルに隠れている場合があります 。もしファイルを移動したりコピーしたりする場合は、充分にご注意下さい。
また、このフォルダ内の ファイルを全消去すると、消去以降に見るホームページの表示が若干遅くなります 。特にターゲットが必ず見るホームページなどがあると発覚する恐れがありますので、消去の際にはご注意下さい。

チェック方法一覧

パソコンでの見破り方