フリーソフト「暴露」で履歴を一覧表示(ウィンドウズのみ)。浮気の証拠を徹底的につかむために

5. フリーソフト「暴露」で 履歴を一覧表示(ウインドウズのみ)

その1〜その4まで、色々方法を紹介しましたが、それらほとんど、一度に行なうことのできるソフトが、実はあります。「暴露」というソフトなのですが、IEの履歴やお気に入り、「Temporary Internet Files」や「Cookies」など、そのファイルの一覧を簡単に出すことができるのです。その他、インターネット上のデータだけではなく、パソコン内で最近使ったファイルなども探し出すこともできます。これまでの方法を試してみてなかなか探し出せないという場合には、一度使ってみてはいかがでしょうか?

注意事項(パソコンの共通注意点 こちらも必ず目を通して下さい)  
※注意点 お気に入り・履歴機能について
お気に入り機能には特に注意点はありませんが、履歴機能には注意が必要となります。 ターゲットが履歴を残すようにしていないと、履歴がまったく見られないのです 。確かめる方法としては、IEメニューバーの「ツール」→「インターネットオプション」と選ぶとインターネットオプションのダイアログが出てきますので、タブを「全般」に合わせて、「履歴」の項目を見ます。すると、「履歴をページに保存する日数」というのがありますので、その横の日数が「0」になっていなければ、履歴が残る設定になっています。場合によっては、履歴を残す日数を多めに設定してもいいかもしれません。

※注意点2 「Temporary Internet Files」の扱いについて
フォルダ内のファイルは、基本的には消去をしたり、移動したりしても問題はありませんが、 ターゲットのパソコンがコンピュータウイルスに感染している場合、「Temporary Internet Files」フォルダ内のファイルに隠れている場合があります 。もしファイルを移動したりコピーしたりする場合は、充分にご注意下さい。
また、このフォルダ内の ファイルを全消去すると、消去以降に見るホームページの表示が若干遅くなります 。特にターゲットが必ず見るホームページなどがあると発覚する恐れがありますので、消去の際にはご注意下さい。

※注意点3 「Cookies」フォルダの扱いについて
フォルダ内のファイルは、基本的にはコピーしたり、移動したりしても問題はありませんが、 ターゲットのパソコンがコンピュータウイルスに感染している場合、「Cookies」フォルダ内のファイルに隠れている場合があります 。もしファイルを移動したりコピーしたりする場合は、充分にご注意下さい。
また、「Cookies」はパスワードを要求されるホームページで、自動的にユーザー名、パスワードを入力する情報が入っている場合があります(こういったファイルは中にパスワードが入っている場合もありますが、おおよその場合暗号化されていて、全く)。ターゲットが、フリーメールに代表されるパスワード要求ページでこの機能を使っている場合は、 むやみにファイルを消去しないで下さい 。ターゲットに発覚する恐れがあります。

チェック方法一覧

パソコンでの見破り方