男女ごとに違う浮気の境界線について

男女で違う浮気の境界線!あなたのその行動は浮気?

浮気は相手への裏切り行為です。浮気をされた方はひどく傷つきます。しかし、浮気をした相手がその行為が裏切り行為だと思っていなかったら?
浮気の境界線は、人それぞれ、男女でも感じ取り方が違います。
浮気をした相手も、自分が取った行動が浮気だ認識していなくて、恋人や夫婦を傷つけていたと気がつかないことだってあります。
そうなると、この浮気の認識の違いで事態がさらに深刻化することもあります
そこで、どこからが浮気なのか、男女別に見た浮気の境界線を調べてみました。

男性の場合

1位 肉体関係を持った時点で浮気だと感じる
2位 キスをした時点で浮気だと感じる
3位 異性と2人で会っていた時点で浮気だと感じる
4位 頻繁に連絡を取り合う異性がいる時点で浮気だと感じる


男性は付き合っている女性が他の男性と肉体関係を持ったりキスをした時点で浮気だと感じる人が最も多いようです。軽いボディタッチや異性と会うことに対しては浮気とは感じないという人も多くいますが、一方で、それが頻繁にあるようなら、浮気だと感じることがあるようです。

女性の場合

1位 キスをした時点で浮気だと感じる
2位 異性と2人きりで会っていた時点で浮気だと感じる
3位 肉体関係を持った時点で浮気だと感じる
4位 頻繁に連絡を取り合う異性がいる時点で浮気だと感じる


一方で女性の場合、男性がキスをしていたり、異性と2人きりで会っていた時点で浮気だと感じる人が多いようです。肉体関係を持った時点で浮気だと感じるという意見には、風俗などのそういったお店に行くことに理解を示す人と、そういうお店には行ってほしくないという人で分かれるようです。
また、男性と共通する境界線では、頻繁に連絡を取り合う異性がいる場合は、自分以外の異性に興味を持っている、または、これから興味を持つかもしれないという危機感から、浮気だと感じる人がいるようです。


浮気の境界線は男女ごとに違うのがここから読み取ることができたと思います。
こうした感じ方の違い一つが大きな問題に発展することもあるので、これを回避するためには、恋人や夫婦と「どこからが浮気なのか」をしっかり話し合って、浮気の境界線を共有しておくことが大事です。