見破り方-携帯電話の注意事項-浮気の証拠を徹底的につかむために

見破り方 -携帯電話の注意事項-

注意点1 証拠隠滅はきっちりと!

見破り方は、基本的にターゲットの携帯電話を操作します。 ターゲットの携帯電話に、操作したという証拠が残らないよう、きっちりと後始末をしなくてはなりません。 また、操作した携帯電話は元に位置に、元の方向で置くのも忘れてはいけません。 また、どれだけ気をつけてもターゲットが携帯を操作したことに気づく可能性がありますので、その場合の言いわけを考えておいたほうが良いでしょう。

注意点2 事前のリハーサル(練習)

紹介する浮気の見破り方に目を通し、事前に必要なものを揃えたとしても、練習無しの「ぶっつけ本番」で行なうことは、 あまりお勧めできません。できる限り事前に練習する機会をつくっておいたほうが良いでしょう。 ご自身の携帯電話やご友人の携帯電話などで充分に練習してから、本番に臨んで下さい。

注意点3 実行のタイミング

「夫がお風呂に入っているスキを狙ったら、思ったより入浴が早く終わってあせりました」 など、ヒヤヒヤものの体験談を、実行した人から聞くことが少なからずあります。 できるだけ長い時間、ターゲットが携帯電話に注意を向けないような状況で行なった方が、あせらなくてすみます。

注意点4 浮気相手の名前について

携帯電話に、浮気相手の電話番号が登録されている場合なのですが、そのままの名前で登録されているとは限りません。 別の名前や会社名、ニックネームなどで登録されていることもありますので、発着信履歴などを総合的にチェックしてみて、 怪しい登録番号を調べた方が良いでしょう。特に、別の名前の場合は、 ターゲットと同性の名称にして怪しまれにくくしていることがありますので、ターゲットが男性の場合は男性名、 女性の場合は女性名もチェックしておいて下さい。

携帯電話での見破り方