IEのお気に入り・履歴チェック。浮気の証拠を徹底的につかむために

2. IEのお気に入り・履歴チェック

最も簡単にチェックできる方法が、IEの「お気に入り」「履歴」のチェックです。ただし、これは誰でも簡単に見られる場所にありますので、ターゲットが消去していたり、整理していたりする可能性があります。ただし、ターゲットのみ使用しているパソコンや、ターゲットにパソコンの知識があまりない場合には、そういったところをチェックしたときに痕跡が残されていることが多くあります。

「お気に入り」のチェック

IEのツールバーにある「お気に入り」をクリック、もしくは、メニューバーの「表示」→「エクスプローラバー」→「お気に入り」と選んで、お気に入りを表示させてみましょう(ショートカットキー「Ctrl+I」でも出ます)。普段からインターネットを使用されているならば、おなじみのものかと思います。IE以外ではブックマークと呼ばれることもあり、その名の通りこの機能は、よく行くホームページのアドレスを次回以降すぐに見られるよう、本のしおりのように残す機能です。
浮気の証拠などは残ってなくとも、お気に入りに入っているホームページの傾向を見れば、最近のターゲットの趣味などが分かるかもしれません。

履歴のチェック

IEのツールバーにある「履歴」をクリック、もしくは、メニューバーの「表示」→「エクスプローラバー」→「履歴」と選んで、履歴を表示させてみましょう(ショートカットキー「Ctrl+H」でも出ます)。こちらも日常的にパソコンを使用されているならば、おなじみのものかもしれません。インターネット上で見たホームページのアドレス、名称などが記録されており、設定によっては、10日以上前のものも残っていることがあります。
しかし、この履歴は目につきやすい場所にありますので、履歴を消去したり、履歴を残さないという設定にしたりという対策がなされているかもしれません。

注意事項(パソコンの共通注意点 こちらも必ず目を通して下さい)

※注意点 お気に入り・履歴機能について
お気に入り機能には特に注意点はありませんが、履歴機能には注意が必要となります。 ターゲットが履歴を残すようにしていないと、履歴がまったく見られないのです 。確かめる方法としては、IEメニューバーの「ツール」→「インターネットオプション」と選ぶとインターネットオプションのダイアログが出てきますので、タブを「全般」に合わせて、「履歴」の項目を見ます。すると、「履歴をページに保存する日数」というのがありますので、その横の日数が「0」になっていなければ、履歴が残る設定になっています。場合によっては、履歴を残す日数を多めに設定してもいいかもしれません。

チェック方法一覧

パソコンでの見破り方