見破り方-車両の注意事項-浮気の証拠を徹底的につかむために

見破り方 -車両の注意事項-

注意点1 証拠隠滅はきっちりと!

車両のチェックは多くの場所を見ることになりますから、その都度、チェックした場所を元のように戻しておく必要があります。 「車の掃除」と称してチェックを行なってもかまわないのですが、その場合、ターゲットに怪しまれてしまうことがあります。 特に、普段あまり運転をしない人や、車に興味のない人などは、この方法を使うと怪しまれる可能性が高いでしょう。
車内のチェックができる理由を作っても良いのですが、できれば、こっそりとチェックした方が良いでしょう。 ダッシュボードやサイドポケットなどに置いてあるものの位置を覚えておいて、きちんと戻すようにしましょう。

注意点2 車内を掃除している場合

ターゲットがこまめに車内を掃除していることがあります。その場合、チェックしても証拠となるものが見つからないことがありますが、 ガッカリすることはありません。「隠したいことがあるから掃除している」可能性があるのです。 どのような期間で車内を掃除しているか、チェックしてみるといいでしょう。
また、浮気をした日の後に、車内の掃除をすることもあるでしょう。そのパターンを記録していけば、 浮気をしたおおよその日が分かるかもしれません。